貢献のエネルギー:個人の持つ3つのエネルギー

誰しも「誰かの役に立ちたい」という欲求を持っています。

自分のしている仕事が、誰の役にも立っていないと分かりながらしなければいけなかったり、一生懸命やった仕事が、後から誰の役にも立っていないことを知った時のやるせなさは、例えようもないでしょう。

反対に、「この人のため」とダイレクトに思える仕事や「ありがとう」をたくさんもらえたり、報われることの実感のある仕事であったとするならば、ますます次へのエネルギーというものが湧き上がって来ます。

これらのエネルギーのことを、「貢献のエネルギー」と呼んでいます。

3つの「ために」のバランス

私たちビジネスパーソンは、大きく分けて、3方向に貢献の意識を持って働いています。 「お客様のために」「会社のために」そして「自分のために」です。

「お客様のために」「会社のために」に特化して「自分のために」が自覚できない偏った状態を、古くから「滅私奉公」という言い方をしていました。

働けど働けど、それに見合うだけの「成長」も、「報酬」も、「家族の幸せ」も手に入らないとしたら、長く働こうという意欲につながらないのは当然と言えるでしょう。

そのような場合には、早急にこの3つの「~のために」のバランスの是正を行う必要が出てくるわけです。

組織内のパラドクス

組織には、たくさんのパラドクスが存在します。パラドクスは「逆説」ですが、組織内のマネジメント行動等で言いますと「やればやるほど悪くなる」というような状態です。

3つの「~のために」の例で言いますと、組織内で「自分のために」が大きく不足して働いている状況に、気がつかないか放置したまま「CSを上げろ」「目標達成をしろ」というプレッシャーの方だけを強くしていけばいくほど、かえってCSは上がらず、目標達成もおぼつかない、というような現象が起こるということです。

それだけ「自分のために」は重要であり、3つの「~のために」のバランスは重要だということです。

「自分のために」は、麻痺する

若手社員の離職の理由の上位には、決まって「ここにこのままいても、成長できそうもない」「将来が見えない」というキャリアに関する不安や不満、「自分の働きに見合った給料がもらえていない」という報酬への不満がランクインしています。

実情を見させていただくと、会社全体としては、実際は退職の理由になるほど劣悪な状況ではないことが多いのです。

もちろん退職に至った理由の中に、上司との人間関係等他の要素が絡み合っていることも考えられますが、「成長」や「報酬」等の現状が、当たり前に感じられる「麻痺」した状態になっていて、本人にとって「お客様のために」と「会社のために」のしんどさとの間でバランスしないように感じられてしまっているわけです。

さらには、もう少し頑張って成果を上げて評価されれば昇格できて、給与も大きく上がる一歩手前にいるのに、そのことが動機付けとして機能していないというようなこともあります。

上司のコミュニケーションの不足(サボリ)によって、このような社員の「自分のために」の「麻痺」が放置されているという、実にもったいない状況が起こっているのです。

さらには、上司自身が「滅私奉公」が染み付いているために、部下の貢献のエネルギーのアンバランスに気がつかないという悲劇的な状況も少なくありません。

貢献のエネルギー

誰かの役に立っているかを自覚することによるエネルギー

貢献のエネルギー 
										1. お客様のために
お客様満足を最大にすることを意識する。
2. 会社のために
目標を達成し、会社に利益をもたらすために何ができるかを考える。
3. 自分のために
「お客様のために」と「会社の ために」を意識し、実行することによって、自分に得られるものを実感する。

お客様のために(for Customer)

「よい商品を、よいサービスを、最高の価値の提供を、最良のコストパフォーマンスで」ということは 当然のように最も意識していることだと思います。

企業活動の利益の源泉ですから、会社を上げて、CS(お客様満足)向上に努めているはずです。

国と業界の垣根が無くなった激しい競争環境の中で、品質合戦、サービス合戦、価値合戦は、究極まで熾烈になっていきます。

顧客接点を持つ部署への会社からのプレッシャーは、いやがうえにも増していきますが、なかなか成果は上がりにくく、徒労に終わる行動も増えてきます。

徒労に終わる行動の山が「疲弊感」に変わらないようにするために、小さな手応え、小さな成功、節目節目で「お客様のために」と思える小さな実感を大切にするマネジメントや、仕掛けが必要になってきます。

会社のために(for company)

社員は、組織上の役割を果たすことや、目標を順調に達成することで、会社に貢献していきます。

社員の会社への貢献は、様々な形で行なわれます。

直接的に売上を上げたり、納品をすることによって今期の収益に貢献する人もいれば、マーケティングや広告等で来期以降の仕込みに貢献する人もいれば、研究開発や人材育成等で、会社の中長期的成長に貢献する人もいます。

各自の役割と貢献内容が明確であればあるほど、貢献の意識を明確に持つことができます。

また、整備された人事制度と、それを上手に活用した上司の認知等で、貢献を正しく評価されることで、次への新たな貢献の意欲に繋がっていきます。

自分のために(for myself)

「お客様のために」「会社のために」という2方向への貢献の結果として得られるものが、自分への貢献です。

仕事を通じて得られた、経験や知識向上やスキルアップ等の「成長」もそのひとつでしょう。

給与や賞与等の「報酬」もしかり。

さらには、その報酬を元に、家族に幸せな暮らしをもたらすことも「自分への貢献」の範疇といえます。

株式会社マングローブのおもしろルール 「貢献のエネルギー」に関するマングローブでの実践例