企業理念再制定の3つの失敗

2015年10月22日木曜日

企業理念再制定の3つの失敗

組織変革の流れの中で、企業理念を再制定するコンサルティングを展開することがあります。 実は、変革プロセスで再制定した企業理念には、長続きしないという傾向がありまして、取り組みの難易度は高いのです。 組織変革+企業理念再制 […]

実践なき読書は無意味である

2015年9月8日火曜日

実践なき読書は無意味である

変革支援が始まってほどなく、プロジェクトを実質的にリードしているマネジャー氏から相談がありました。 「マングローブさんのお話は目から鱗です。さらに理解を深めた上で自分なりに考えてみたいので、参考図書を推薦していただけませ […]

苦し紛れの企業理念浸透活動

2015年7月21日火曜日

苦し紛れの企業理念浸透活動

「企業理念の浸透」という言葉には、人を思考停止にさせる悪魔の力があると私は思っています。 誰しも、企業というものには企業理念は無くてはならないものであり、頑張って浸透させるといいことばかり起こるように思っていますよね。 […]

強い意思としなやかさ

2015年3月23日月曜日

強い意思としなやかさ

「感動」のある仕事をするととてつもなく幸せな気持ちになる。 先日、某社の役員会の合宿でファシリテーターを務めさせていただいた。 中長期の経営方針を役員陣で理解を深めるためのセッションである。 社長原案はあらかじめ説明され […]

能弁さの罠にはまらないこと

2015年3月6日金曜日

能弁さの罠にはまらないこと

「能弁さの罠」という言葉がある。 これは、スタンフォード大学のJeffry Preffer教授が示した考え方で、英語では「smart talk trap」という。 組織内のコミュニケーションの量と、その組織の活性度が比例 […]

コンサルで禁句にしている言葉

2015年2月24日火曜日

コンサルで禁句にしている言葉

コンサルティング現場で、禁句にしている言葉がある。 これまでクライアントの社長さんに対して思わず発して、失敗した言葉だ。 それは、 「社長には愛と哲学がない」。 この言葉が原因で、コンサルティング契約が終了となったことも […]

M&Aで消えていった老舗

2015年2月10日火曜日

M&Aで消えていった老舗

某社が、豊富な資金を生かして、M&A戦略のアクセルを踏んでいた。 しかも本業へのシナジーを狙って、全くの異業種の複数社の買収という場合もあった。 買収した同業界の2社がある。 1社は業界の老舗(A社)で、取り組 […]

社長の愚痴の聞き役も仕事

2015年1月30日金曜日

社長の愚痴の聞き役も仕事

業績の悪化により、倒産寸前のY社。 負債額も大きく、かなり大胆な資産売却と、従業員のリストラを断行。 再建策を模索する日々の中で、社長は眠れない日々が続く。 管理本部長さんと話していると、案の定社長さんは精神的に相当な打 […]

一通のメールが運命を変える

2015年1月15日木曜日

一通のメールが運命を変える

ネガティブな内容を伝える際には、注意が必要である。 普段のコミュニケーションでもそうなのであるが、企業組織の状態が良くなく、幹部の意識改革を促がさなくてはいけないような場合にはとりわけ注意が必要である。 組織変革のプロセ […]

教科書通りやったとしても

2015年1月6日火曜日

教科書通りやったとしても

「社長、企業理念なんて後回しでもいいんですよ」 この言葉を聞いたY社の社長は、意外そうに私を見つめる。 企業理念~ミッション~ビジョンを「上位概念」と呼ぶ。 文字通り、経営の最上位に位置する企業の存在理由~使命~目指す姿 […]