月次報告会での一コマ

マングローブでは毎月顧問税理士の先生をお招きし、
月次報告会を開催しています。

・予算と比べて売上はどうだったのか
・売上の構成は何だったのか
・経費の使用状況は
・来月以降の数字はどうなっているのか

など自社の状況を社長を含め全社員で共有しています。

すると今月の福利厚生費の部分で顧問の先生から指摘が入りました。

「予定よりも費用がかかったいるのですが、どなたか心当たりはありますか?」

顔を見合わせる社員一同。

誰も口を開かない。

福利厚生費??何だろう・・。

緊張感が高まる会議室。

するとおもむろに社長が口を開きました。

社長 「僕の人間ドッグが予定よりも費用がかさんだみたいで・・・。」

先生 「え!?もしかして社長、何か特別な点滴でも打ったのですか?」

とすかさず先生がツッコミを入れて、一同爆笑。

社内の数字を全員で共有することで、自社の経営への関心も高まり、
目標に向けて一枚岩で進んでるという感覚があります。

税理士先生からの厳しいツッコミに耐えながら・・。

みやの