どうせならゲームで思うこと

2016年9月29日木曜日

どうせならゲームで思うこと

「どうせなら」というのは好きな言葉ですね。 あるお客様の教育ご担当者の方が、研修のインストラクションの中で使われた言葉です。   どんなつもりで、何をして過ごしても、缶詰になってここで過ごす時間は同じ。 「どう […]

人間には無限の可能性がある

2016年9月21日水曜日

人間には無限の可能性がある

自動車の買取・販売会社のガリバーインターナショナルが春に社名変更していたことを最近になって知りました。 いかんですね、情報感度がすっかりにぶくなっています。   日経ビジネス8月29日号の有訓無訓の羽鳥兼市名誉 […]

急がば回れができる若者たち

2016年9月8日木曜日

急がば回れができる若者たち

「人事制度構築のためのコンセプトセッションに8ヶ月をかける」 18年のマングローブのコンサルティングの歴史の中で、間違いなく最長不倒距離でしょう。 今、あるベンチャー企業の人事制度構築のプロジェクトを支援させていただいて […]

遊び心はリーダーの必要能力

2016年8月25日木曜日

遊び心はリーダーの必要能力

 【オリンピックの閉会式】 リオオリンピックの閉会式での次回開催国日本のパフォーマンスが話題ですね。 特に安倍首相がマリオに扮したサプライズ登場が物議を醸しているようです。 概ね好評のようですが、安倍憎しの人たちからは酷 […]

前向きな振り返りが風土を作る

2016年8月17日水曜日

前向きな振り返りが風土を作る

組織変革の中で、「人と組織のエネルギーを上げる取り組み」を最重要視しています。 ここで言うエネルギーというのは、役割や目標に対しての前向きな姿勢のことを言っています。 「ポジティブな組織」を作ると言った方が分かりやすいか […]

他罰の風土から尊敬の風土へ

2016年8月4日木曜日

他罰の風土から尊敬の風土へ

業績が悪化し、リストラを余儀なくされ、組織を立て直さなくてはいけない局面の企業の共通点のひとつに「他罰の風土」があります。   他罰の風土とは、組織全体が他罰的になっているということですが、他罰的というのは「失 […]

何によって憶えられたいか

2016年7月28日木曜日

何によって憶えられたいか

「何によって憶えられたいか」 これは、ピーター・ドラッカー氏が、著書「非営利組織の経営」の中で発していた問いかけです。   「非営利組織の経営」は名著であると思います。 この問いかけの他にも「リーダーシップとは […]

二面性を無くしていく取組み

2016年7月21日木曜日

二面性を無くしていく取組み

管理職研修等で、この頃(前から)気になっていることがあります。 それは「偉そうにしている人」が多いということです。 椅子への座わり方(ふんぞり返る)、受講者同士の会話の言葉使い(年上の方が下の方にぞんざい)、時には私との […]

ミドルマネジメントの存在感

2016年7月14日木曜日

ミドルマネジメントの存在感

先日、お客様企業の社長さんと会話していた時のことです。   「自分が自由に時間を操れるとしたら、課長時代に戻ってもう一回バリバリ仕事をしてみたい。課長時代が一番面白い」とおっしゃっていました。   変 […]

株式会社GOOD&MORE?

2016年7月7日木曜日

株式会社GOOD&MORE?

来る7月30日は、マングローブの設立記念日です。 今年で満18歳になります。 今年から選挙権年齢が18歳に引き下げられましたので、マングローブも人間で言えばようやく大人の仲間入りというところでしょうか。   【 […]