2016.9.2

音楽とともに、止まれ!

椅子取りゲームって、覚えていますか?

人数より少ない椅子を取り合う、あのゲーム。

 

椅子取りゲーム

 

 

鍵は運と瞬発力!

つまり、限られた資源を力ずくで奪い合うという、今思うと、子供にやらせるには何とも恐ろしいゲームです。

 

しかし、その恐ろしいゲームを、私たちが和気藹々と楽しむことができたのは、あるルールがあるからです。

そう、「音楽が止まったら座る」という。

 

音楽が流れているからこそポップな雰囲気を醸し出すことができ、いつ止まるかわからないという状況がドキドキ感を生んでくれます。

 

BGM

 

 

「音楽とともに止まる」。

このルール、他にも研修の場作りでも使えそう!

そう思って、やってみました。

「音楽が止まったタイミングで、近くの人とペアになってください!」

 

これは、前回ご紹介した【アイコンタクト】の進化バージョンです。

音楽を流している最中は、会場中を縦横無尽に歩いてもらって、音楽が止まったタイミングでストップ。

近くの人で目が合った人とペアになる、というものです。

 

写真ぼかし

 

受講者として実際にやってみると、結構ドキドキ感があるんですよ。

もちろん、誰と組むかわからないという部分がそのドキドキ感を作っていることはあるでしょう。

 

でも、それ以上に、椅子取りゲームでの「子供のころのあの感覚」というのが、ドキドキ感を喚起してくれているのだとも思います。

 

気分転換にもなり、グループをシャッフルしてペアをつくれる、この手法。

まぁ、中にはいるんですけどね。

「あの人、ずっと同じ人の後ろを付いていっているな~」というツワモノが(笑)。

 

ペア決めだけでなく、本当に椅子取りゲームっぽく、座るテーブルを決めることにも使えます。