講演

魂を込めた熱い講演でスイッチON!

18歳でリクルートに入社。 27歳で課長、30歳で総務部次長、32歳で人事部長となって、リクルートの人を育てる風土づくりと人材教育の礎をつくる。
40歳にして独立し、「マングローブ」を起業し、数多くの組織活性コンサルティングを手がける。

50歳を過ぎてなお「日本一元気な50代になる」を目標に進化を続ける、今野誠一が目指しているのは「Energizer(人と組織に刺激と勇気と活力を与える人)」。人と組織に関わり続けた37年からなる熱いメッセージで、人と組織に刺激と勇気と活力を与えます。

プロフィールをPDFでダウンロードする

今野誠一の講演の特徴

1.講師の実体験に基づく内容による圧倒的説得力

教科書にあるような一般論ではなく、講師自身の経験から学んだことを伝えるからこそ、聴き手の共感を生み、さらに実用的なヒントが盛りだくさんの内容です。

2.「聞いているだけで元気になった」

聴講後のアンケートには「聞いているだけで元気になった」「今日から自分を変える気になった」「やるべきことが見えてきた」など前向きな変化が見られる声が多く寄せられています。

3.若手社員のキャリア論から経営のあり方まで幅広いテーマに対応

人と組織に勇気と活力を与えるという思いのもと、若手社員のキャリア論、職場の風土づくりから経営のあり方まで、組織人事の分野で幅広いテーマでの対応が可能です。

講演テーマ