理想の上司ってどんなひと?

2016年10月12日水曜日


社長は私にしょっちゅう色々な質問を投げかけてきます。

今回の質問内容は、「どんな上司が理想ですか?」

 

  1. 仕事ができるひと
  2. 人間的に尊敬できるひと
  3. 自分なりの思い、世界をもっているひと

 

相談した時に自分にはなかった視点で的確なアドバイスをくれ、けれども押し付けがましくない。

誰に対しても分け隔てなく接し、ミスした時には一緒になって対応してくれ、時々飲みに連れて行ってくれる(笑)

趣味に対してはとことんマニアックであること。

 

そんな風に社長に伝えたところ、すべての内容に「オッケー!」と言ってくれました。

私は特に、自分なりの信念を持ってストイックに仕事しつつも、羽目をはずすこともできるひとが

人間的にとても魅力を感じます。そんなひとが身近にいたら、つらい仕事も楽しみながらこなせるのではないかと思います。

 

どんな言葉をかけられても距離を感じない関係。

それは上司が部下を信頼しているからこそ、部下が上司を信頼できる。

 

 

私の上司の社長は、どうでしょう・・・?

 

人間的魅力については、どんどん人柄を知っていくと、その深さに驚かされます。

なによりも誠実であること。プロであること。

そして、「センスの良さ」を大事にしているところが、いちばん私が共感している部分。

 

 

業務をすすめる中でひとつの質問を私に投げかける際も、どんどん質問してきます。

私に思考を深めさせ、それが論理的に組み立てることができるかどうか。組み立てられるまで回答を出させます。

 

どんな考えを持っていても、それを決して否定はしません。

今よりもっと成長できるような問いかけ、提案の数々、そうGOOD&MOREの言葉の嵐を浴びる毎日です。

 

GOOD&MORE、もうお腹いっぱい~!ってなる時も、もちろんあります。

が、

このような人になりたい、と思う人が上司であれば、部下はついていきたいと思えるだろうな、と感じます。

 

img_7596


渡邊 亜希子Akiko Watanabe
社長アシスタントとして組織変革について学び、その中で気がついたことを発信、 自分自身も成長していく機会にし、変革を実践していく日々。