自分勝手な理想が成長を加速する

2013年7月2日火曜日


企業の目指す理想像というと理念やビジョンが浮かびます。
理念やビジョンは、組織のあるべき姿として描かれ、
組織の成長を支える根幹となりますが、
社員一人ひとりが願う理想像も明らかにすることで、成長は更に加速します。

先日、あるクライアントで組織変革の一環として研修を実施させていただきました。
そこでは一人ひとりが現実を無視して、出来るかどうかは関係なく、
「こんな会社になったらいい」という姿を考えたところ、ユニークな意見がたくさん出てきました。

「島を買って○○を建てて~」「給料は~」「宇宙に~」

突拍子もない意見もありますが、不思議と魅力的なものばかりです。
そして何より勝手な理想を考える、その表情は何と楽しげで生き生きしていることか。

組織において、自由に理想の姿を描くことは難しいことです。
現実の世界で、自分の中にある「こうなったらいいな」という姿は
描いても仕方のないもと考えられ、風化していきます。

しかし例え自分にとって都合のよい未来であっても、
それを描くことが自身の原動力となり、組織の成長につながる重要な要素となります。

人によって価値観は違います。
それを具体的なイメージとして明らかにし膨らませることで人は前向き進むことが出来ます。

理想は誰かに与えられるものではなく、本来一人ひとりが持つべきものです。
理想を描くことは怖いことでもあります。理想と現実のギャップを知ることになるからです。
理想を描いても、自分ではできない、会社の方針と違う、資金が足りないなど、
出来ない理由はすぐに浮かびます。

いっそのこと理想は実現しなくてもいいものだと考えてはいかがでしょうか。
意味がないという意見もあるかもしれませんが、そう考えると楽になりませんか。

理想を持ち、そこに一歩でも近づくことが重要で、それが人や組織の成長につながります。

前述のクライアントでは、翌日から早速新たな取り組みが行われたそうです。
小さな変化かもしれませんが、それがやがて大きなうねりとなって、
変化が加速し、理想により近づくに違いありません。
まずは研修がきっかけとなって、理想に向けて着実な一歩を踏み出しました。
今後はどんな変化が見られるでしょうか。
これからも理想に向けて小さくても着実に前進してきたいと思います。


鈴木 泰大Yasuhiro Suzuki
組織変革コンサルタントとして、業績向上・組織力の向上・人材育成の観点から、理念の構築・浸透、管理職の教育、人事制度構築などに従事。