月別アーカイブ: 2014年2月

「降職」は失敗を意味すべきなのか

2014年2月27日木曜日

日本の場合、役職定年を導入している企業以外で役職から外れること、つまり降職が少ないように感じます。 ましてや失敗によって役職を外れた人は、その組織での出世コースとも言える道は消えてしまったという感覚を持つ企業も少なくない […]

教えることで自分が成長する

2014年2月26日水曜日

単に聞いただけでは、記憶への定着が1、2割であるものが、 誰かに教えることによって7割から8割まで上がると言われています。   誰かに教えることは、自分との対話になります。 また、自分が学んだことを人にうまく伝 […]

季節はずれの花が咲いたよ

2014年2月25日火曜日

季節はずれの花が咲いたよ

マングローブには「My植物制度」とういうものがあります。 私の植物はブーゲンビリアのブーちゃんです。 ブーゲンビリアは一般的には春か秋に花が咲くようなのですが、 ブーちゃんはなぜかこの時期に咲き始めました。 季節はずれだ […]

社長の立場で考えるために

2014年2月25日火曜日

若手社員の研修等で、問題意識を持つためのヒントとして、次の3つの質問を自分に投げかけることを伝えることがあります。 ①考え抜いたか? ②お客様の身になって考えたか?(お客様が大事に考えていることって何?) ③社長ならどう […]

あきらめること、あきらめてはいけないこと。

2014年2月21日金曜日

  最近の感→動はやはりオリンピックのニュースです。 オリンピックを見ていると、メダルを獲得した選手たちの多くはこう言います。 「諦めなければ、夢は叶うということが分かりました」 メダルを獲得するのは、その競技 […]

「鳥の目」「虫の目」「魚の目」&「猫の目」

2014年2月19日水曜日

「鳥の目」「虫の目」「魚の目」&「猫の目」

「3つの目」を持つと良いと言われています。 「鳥の目」・・・高いところから広く全体を捉える目 「虫の目」・・・近くから様々な角度で観察する目 「魚の目」・・・流れを感じ取る目 この3つがあれば、仕事も人生もより良いものに […]

研修WEEK合間の誕生日会

2014年2月18日火曜日

2月17日は今野社長のお誕生日でした。 2月13日~21日まで平日はすべて研修ファシリテーターのお仕事で埋まっています。 その研修WEEKをさらにエナジャイズして頂くため、 私たちは14日金曜日にサプライズ誕生日を仕掛け […]

もっと良くなる方法はないか?

2014年2月18日火曜日

連日、オリンピックの様子がテレビや新聞で流れています。 こんなに毎日感動をしていると、体が感動に慣れてしまって、 何だか変な感覚になります。(選手には本当に失礼ですが・・) 今(2/18現在)最もHOTなのは、「レジェン […]

高梨選手の言葉に感じる

2014年2月17日月曜日

羽生選手や葛西選手のメダルに沸くソチ五輪。   遡ること大会5日目。 多くの方の期待を受けながらも、惜しくも表彰台を逃したのが、女子スキージャンプの高梨沙羅選手でした。   風の影響。 ジャンプ台の構 […]

勇気づける言葉のチカラ

2014年2月11日火曜日

先週の記事、「一歩一歩のつみかさね」もそうですが、 私には、自分を勇気づけてくれる言葉というものが、いくつかあります。 手帳にまとめてあり、たまにそれを見返すことがあります。 今日ご紹介する言葉はこちらです。 「苦しさは […]