カテゴリー別アーカイブ: 組織風土

「Stop」の文化が進化を生む

2016年3月1日火曜日

「Stop」の文化が進化を生む

「この自己申告制度って機能していますか?」   と、ある企業で質問したところ、 「いや、機能していません。社員からの評判も良くないです。」 という答えが返ってきました。   “ある企業”と書きましたが […]

組織体制を考える前に…

2016年2月1日月曜日

組織体制を考える前に…

twitter上で、1枚の図が話題になっています。 組織の意思決定図の特徴を国別に表したものです。     小さいので見づらいですが、   フランス 「一直線で最高権力者が膨大な権力を握って […]

「非常識な目標」で組織を揺さぶる

2016年1月25日月曜日

「非常識な目標」で組織を揺さぶる

最近話題になっている本『経営者になるためのノート』。 ユニクロの柳井正氏が社員教育のために書かれた門外不出のテキスト。 それが書籍化されたものです。     その第一項には、「イノベーションをもたらす […]

「飽きる」ことの重要性

2015年12月18日金曜日

「飽きる」ことの重要性

「このプログラム飽きたなぁ」 「この講演内容飽きたなぁ」 うちの社長がよく口にする言葉です。   弊社の研修は、組織戦略や要望に応じてカスタマイズするので、パッケージというものがありません。 とは言え、効果が高 […]

多様性の中で理解すべきは「もどかしさ」

2015年12月4日金曜日

多様性の中で理解すべきは「もどかしさ」

敵を倒せば倒すほど、主人公と仲間のレベルが上がるロールプレイングゲーム。 魅力的なストーリーも設計されていて、多くのヒット作が生み出されてきました。   やればやるほど強くなる。 そんな設定に、私も中毒的にのめ […]

「自分の価値観で人を責めない」

2015年9月15日火曜日

「自分の価値観で人を責めない」

自分の価値観で人を責めない。 一つの失敗で全て否定しない。 長所を見て短所を見ない。 心を見て結果を見ない。 そうすれば人は必ず集まってくる。 – 吉田松陰 –   この言葉を噛み締める […]

なぜ彼が人類初に選ばれたのか?

2015年9月8日火曜日

なぜ彼が人類初に選ばれたのか?

ユーリイ・ガガーリン。 ほとんどの方がその名を聞いたことがあるでしょう。 旧ソ連の軍人であり、1961年に1人乗りの宇宙船ボストーク1号で、人類初の大気圏外を1周した人物です。   昨年末に公開された映画、『ガ […]

一言で伝える力。

2015年9月1日火曜日

一言で伝える力。

研修でプレゼンを聞いていると、「一言で伝える」ということが重要だと改めて感じます。 もちろん、社内会議等でもそれは同じことが言えるのですが。 研修のように、数グループが連続してプレゼンする場面だと、余計に「端的に言うと? […]

働き方を認めるということは…

2015年8月25日火曜日

働き方を認めるということは…

時短勤務で働くことが珍しいことではなくなりました。 最近では、男性でも時短を選択される方も少なくないようですね。   それほど一般的になっている一方で、新しく時短勤務制度を導入する企業にとっては、心理的ハードル […]

組織における盲目性

2015年8月3日月曜日

組織における盲目性

「大企業で働いたからと言って、多くの人と働くわけでもない。」   就職活動のときに聞き、今でも印象に残っている言葉です。 大企業に勤めたとしても、仕事上で直接接する人というのは、限られているということでした。 […]