カテゴリー別アーカイブ: 組織変革

従業員満足度の定義について

2016年11月30日水曜日

従業員満足度の定義について

今回の社長からのお題は「“従業員満足”の定義を述べよ」でした。   次々難しいお題がきます。 これまでもそうなのですが、こうしたごく当たり前に使っている言葉ほど、難しいですね。 ここは基本通りに答えなくてはと思 […]

やる気を引き出すマネジメント

2016年11月25日金曜日

やる気を引き出すマネジメント

今回も、私にとっては、難易度が高かったです。   社長からの質問はこうでした。 「やる気を引き出すマネジメントということについて大切なことを3つ考えてみて」   ワ~ッ、また「3つ」か~~。 社長はい […]

組織変革、まずは視点を一つ下げる

2016年8月3日水曜日

組織変革、まずは視点を一つ下げる

組織変革のお手伝いをしていると、社員に対して「一つ上の視点を持ってほしい」「経営視点を持ってほしい」という想いを聞くことが多くあります。   階層に関わらず、自分の担当範囲とは一つ上の視点で考えることは、重要な […]

自社の風土との闘い

2016年7月20日水曜日

自社の風土との闘い

「ライバルではなく、自分自身との闘い」 スポーツの世界を中心に、こんな言葉を聞いたことがあると思います。   「自分の甘さこそが最大の敵」という意味であり、翻ると「自分自身に勝つことが一番難しい」ということです […]

ビジョンが浸透しない理由

2016年7月6日水曜日

ビジョンが浸透しない理由

「なぜ、ちゃんと説明しているのに、ビジョンが理解されないだろう?」 それはイメージできていないからです。 ビジョンが達成された状態を。 そして、それは戦略にも言えます。   かつて、作戦を考えることを「絵を描く […]

誰のための制度なのよ?

2016年6月8日水曜日

誰のための制度なのよ?

前回に引き続き、「犯人は人事部シリーズ」です。   人事制度を構築するときには2つの視点を意識します。 「社員が意欲を高められるか?」「社員から見てキャリアステップを感じられるか?」などの社員目線。 「経営者の […]

セクショナリズムの犯人は人事部

2016年5月31日火曜日

セクショナリズムの犯人は人事部

  組織や人の問題というのは、色々な原因が絡み合っていて、「原因はコレ!」「あの人が悪い」みたいな原因特定ができないことが多いんですよね。 と言うより、意味がないと言うか。   にもかかわらず、「犯人 […]

変革方針が伝わらない理由

2016年5月18日水曜日

変革方針が伝わらない理由

企業が研修を実施する目的、職場が研修に送り出す想いは、学び・気づきを得てほしいこと。 それによって、考え方や行動が変化し、今まで以上の成果を生み出してほしいというものです。   ただ、この「研修」というものにつ […]

経営層は“小料理屋”を目指せ!

2016年5月11日水曜日

経営層は“小料理屋”を目指せ!

  小料理屋さんって、いいですよねぇ。 女将さんが一人で切り盛りしていて、カウンターのある。   TVドラマ『相棒』に出てくる「花の里」なんかは、まさにそのイメージにぴったり。 (写真は2012年の『 […]

自社の常識は、世間の非常識

2016年3月23日水曜日

自社の常識は、世間の非常識

ジャイアンツの賭博問題を発端に、各球団の実態が明るみに出たプロ野球界。 賭博は論外として、“声出しのマネー”なんかも結構叩かれていますが、あれ、処分が難しいですよね。       私も良いこ […]