• HOME
  • > 講演
  • > 企業の勝敗を分けるエネルギーマネジメント

企業の勝敗を分けるエネルギーマネジメント

講演1

~自分や世界を変えようとする前に、今かけている眼鏡を変える~

≪講演概要≫

「●●が問題だ!」「なんで、できないんだ!」・・・こんな投げかけをしていませんか?

 
機械であれば問題や原因に目を向けることが重要でしょうが、こんな投げかけを 続けていると、人も職場もエネルギーダウンしてしまいます。
そんな、職場をガラリと変えるのが「GOOD&MORE」という、ものの見方です。
企業力の差は、財務力でも、会社の規模でも、コスト競争力でもなく、エネルギーの差にあります。
数多くの企業の組織活性化を手がけた経営者から、「職場のエネルギーを高める」ヒントを学びます。

参考:組織内の6つのエネルギー

参考:GOOD&MORE

≪受講者の声≫

・「エネルギーマネジメント」というのは、初めて聞いた新しい切り口で、目から鱗だった。「ダメ出しの文化」が、エネルギーを下げていた自分のマネジメントを反省させられた。

・企業風土や企業文化といった目に見えないものが重要であることがよく分かりました。GOOD&MOREの哲学は、社内でぜひ話題にし、今日からでも実践していきたいです。

・非常にわかりやすいお話で、聞き入りました。職場のエネルギーを上げる施策も本で読んだようなものではなく、実際に会社で取り組んでいることだということで、とても参考になりました。

≪キーメッセージ≫

■ 理想像の哲学
・人は理想を追求する生き物である
・理想は必ずしも達成できるとは限らないが、それを達成しようとするからこそ限界を超え、知を創造できる

■ GOOD&MOREの哲学
・壊れているものを直そうとしない
・うまくいっていることを見つけ、それを増やす
・うまくいっていないなら、違うことをやる

■ MOVE&THANKSの哲学
・チーム内において、互いを尊敬し合うことが重要である
・特に自分との“違い”を尊敬することが大切

■ HERE&NOWの哲学
・小さな一歩を大切にする(いきなりホームランを狙わない)

講演テーマ